一定期間更新がないため広告を表示しています

新創刊&新連載と告知してまいりました、実業之日本社「コミックキューガール」ですが、
本日発売するとともに、廃刊が決定いたしました。

今日、編集さんから連絡いただきまして、
いきなりの廃刊が決まったと知らされました。

出版社上層部の人の「こんな卑猥な本は出せない」という理由で廃刊が決まったようです。

信じられない理由ですが…、本当です。
1号で、しかも発売日当日なんて、前代未聞です。

散々連載情報をお待たせしたのに、こんな結果になってしまって
残念でなりません。

また、違う形でcos-chu♥をお届けできればいいなと思っています。



コメント
急がしくて、久しぶりに着てみたら・・・

え〜廃刊ですか!?

急で吃驚デス〜〜。。。。

がんばって探しさないと、存在しなくなってしまいそう。。。

でも、他の形で、楽しみにします。
  • by 千里
  • 2012/04/27 7:15 AM
ゆきさんおはようございます

そんな理由だったんですかΣ(゚Д゚)
発売日って急過ぎますよね…

はい、違う形でcos-chu?を読めるのを期待しています(^-^)
  • by 新田晴子
  • 2012/04/27 9:50 AM
まじですか@@?!  まったくほんとにまったく・・・

気長に楽しみにしてます☆
  • by ザッキー
  • 2012/04/27 7:24 PM
先生こんばんは。

この内容を見た瞬間に正直言って「すごいな」の一言です。
先生には申し訳ございませんが、それしか出ませんm(__)m

でも、大阪生まれの先生のことだから
これが何年後には笑い話になると思って漫画を描いてると思います。

これからもがんばってください。
できることならコミック1でお会いしましょう
  • by えごころない
  • 2012/04/27 7:40 PM
ゆき先生、こんばんは。

cos-chuの掲載雑誌のコミックキューガールが
創刊と同時に廃刊したことには驚きを隠せません。

cos-chuが別の雑誌で復活することを願います。
  • by アルア
  • 2012/04/27 10:03 PM
アニオタWikiで廃刊を真っ先に知りました。私も似たような経験をしてきたので、ショックで潰れない事を祈ります
  • by タカミー
  • 2012/04/27 10:24 PM
 お久しぶりです。
 ツイッターでも言及しましたが、まさか、創刊雑誌が発売日にいきなり廃刊…なんてこと、今までありましたかね? おそらく、前代未聞の出来事でしょう。あずま先生も、この雑誌で連載していこうと張り切っていた矢先にこの仕打ちですから、さぞかし驚いていると思います。
 それにしても、一旦は創刊を了承し、さらに創刊号を発刊した雑誌を「卑猥な内容だから」と上層部の判断で即廃刊って、どう考えても解せませんね。普通は、創刊を了承する前に上層部と編集部とで十分な話し合いを行い、お互いが納得をした上で雑誌は創刊されるものと思いますが…。もう、訳が分かりません。東京都の青少年健全育成条例だとか、政府で検討の児童ポルノ規制強化の動きを見た上での判断…と解することもできますが、根拠としては弱いですね。そんなことは判り切っていることですし、どうにでも対応できましょう。
 堅苦しい長々とした拙文の投稿、申し訳ないです。ではまた。

ゆき先生、お仕事、お疲れ様です…。

今回の件ですが、前代未聞&青天の霹靂で…。
まったく何と言ったらいいのか…。

ゆき先生の『精神力』や『体力』を注ぎ込んで、長い時間をかけて、じっくりと作り上げた新作が…。

ゆき先生的には、私ら以上におっしゃりたい事もあるとは、思うのですが…。

そこは、微妙な事情が感じられるので、コチラも突っ込みませんが…。
ゆき先生の心情、お察しいたします。

でも『cos-chu』…。
やっぱり続きが、とっても読みたいです!
必ず!何らかのカタチで、読ませて下さい!(`´)

ゆき先生、微力ながら応援していますよ!(^^)
  • by リボルバー
  • 2012/04/28 11:03 PM
小5娘←これアウト!?
  • by 箱○
  • 2012/04/29 9:12 AM

ゆき先生、おつかれさまです。

読者としては、新しい雑誌の新連載を楽しみにしていたので、いきなりの廃刊はとても残念です。

クールなデザインの美少女作品をいっぱい期待していたのですが。

キャンドールだけではなく、双葉社メンズヤング、竹書房ドキッ!も次々と休刊という厳しい状況の中、実業之日本社さんが、いち早く全年齢誌で復帰してきたので、とても嬉しく思っていました。
しかし、少し急ぎ過ぎたのかな、という印象です。

発売日に書店で COMIC CUTEGIRL一号を手に取って、一目で「これはダメだ」と思いました。
その後、トップダウンの件を知りました。

思いついた点をいくつか挙げます。

表紙

refeiaさんのイラストはクールで可愛いのですが、それ以外の情報が不足です。
・創刊号だということがわからない。
・執筆している作家さんの名前が小さすぎて目につかない。
・連載作品名がない。

表紙の女の子は連載作品のキャラクターにすべきです。
漫画雑誌で、表紙裏の小説はほとんど読まれません。

情報盛りだくさんのクールデザイン、難しいと思いますが、表紙は雑誌の生命線ですよね。

タイトル

タイトルの英語CUTEGIRLは難しいです。カタカナのキューガールをメインにしてほしい。

内容・コンセプト

クールコンセプトだと、ツンデレキャラクターばかりになりそうですが、そこに注意して、魅力的な美少女作品を追究してほしい。

実業之日本社さんの築き上げてきた人的資源である、キャンドールの作家さんをより生かすことが重要だと思います。

キャンドールや休刊他誌が不振だったのは、18禁の成年誌にもかかわらず、ゆるいエッチだったことが原因。

キャンドールの作家さんの持ち味は、ほんわかエッチ美少女路線。だから今回の年齢層向けにこのレベルのエッチでいくのは正解だと思います。

発売日

29日は遅いです。25から27日にかけて強力なライバルが数多く発売されます。

・売れるための定石を愚直に押さえる。
・今持つ資源、持ち味を生かす。

キューガールの復帰を楽しみにしています。
読者としては、続きを読みたいです。
(・ω・)ノ-☆
  • by くろ
  • 2012/04/30 3:27 PM
コメントする